ルスデランパラサッカースクールの日常

だんだんと上手になったとんぼ引き

子供達は

 

練習の終わりに

 

お片付けをしているのですが

 

最初はなかなか上手にひけなかったトンボも

 

いまではまっすぐひけるようになっています

 

最初は

 

野球をやっている子が

 

とんぼをひくのが上手だったので

 

その子たちのやり方を真似して

 

一緒にやっていたのが

 

だんだんと上手になってきて

 

今では年長さんも一緒に

 

とんぼを引けるようになっています

 

子供の学ぶ力はすごいなぁ

 

と感心したコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

パスを受けれなかった子供への対応が面白い件

練習最後の試合で

 

子供達は真剣勝負なので

 

どうやったら勝つことができるか

 

考えています

 

ある子が味方にパスをしたときに

 

その子が他のコートから飛んできたボールを

 

拾ってあげていました

 

 

 

ボールを拾っていて

 

パスを出されている事に

 

気が付かなかったわけですが

 

 

パスを出した方は

 

「おーーい!!!!」

 

と驚いて大声をあげます(笑)

 

 

それに気づいた他の子が

 

「ちがうちがうちがう!!!!

 

ボールを取り行ってたの!!

 

○○はやさしいの!!!」

 

と全力でフォローしています(笑)

 

普段の行いによって

 

対応が違うということは

 

このことかと

 

勉強になったコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

1人から始まった遊びの力はすごい

ある日の練習が始まる前の出来事ですが

 

 

1人で

 

草相撲をやり始めた子がいました

 

右手対左手

 

でやっているのですが

 

コーチに

 

「どっちが勝つでしょう??」

 

と聞いてきたので

 

「右手!」

 

と答えて遊んでたのですが

 

そこからだんだん集まってきて

 

草相撲大会が始まりました(笑)

 

1人の力はすごいなぁ

 

と感心したコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

ラダーのスピードが上がっている子供たち

ある日の練習で

 

ラダーのトレーニングをやったのですが

 

だいぶひさしぶりにやってので

 

「久しぶりにラダーね」

 

と子供達に

 

説明したのですが

 

個人技スキルクラスに通う子供達は

 

毎週ラダーをやってるのです

 

うれしそうに

 

「久しぶりじゃない!!」

 

と答えます

 

ラダーの種目を説明すると

 

 

「かんたーん」

 

とにやにやしながら

 

答えます

 

自分でハードルを上げてるな(笑)

 

と思いながら見ていましたが

 

やはり

 

普段からやっているだけあって

 

脚の回転が速くなっているのが分かります

 

今は、次の運動会の徒競走で

 

全員1位取れるように特訓中です(笑)

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

練習後の子供たちの様子

練習が終わり

 

解散となった子供たちというのは

 

色々な子がいるのですが

 

そのままグラウンドで

 

サッカーをやって遊んでいる子もいれば

 

ごっこをやっている子もいます

 

中には

 

雑談をしている子もいるのですが

 

2年生と4年生と5年生の3人で

 

坐っておしゃべりしている

 

ということもありました

 

こんな学年バラバラでも

 

普通に楽しくおしゃべり出来る子供たちは

 

様々な角度からの見方を

 

知らないうちに学んでいるんだろうなぁと

 

嬉しく感じるコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

こんな技を覚えてきた子供

練習最後の試合の時に

 

ある日突然

 

ダブルタッチ

 

というフェイントを使った子がいました

 

ダブルタッチは

 

脚の内側で横に大きくずれることで

 

相手をかわすフェイントなのですが

 

いままでは

 

そんな感じの事を

 

全然やらなかったのですが

 

ダブルタッチの味をしめてから

 

相手にボールを取られないように

 

かわしていきます

 

学校でも友達と

 

サッカーをやっているようですが

 

スクールの中でも

 

ダブルタッチを使う子がいるので

 

どこかで真似をして

 

覚えてきたのかもしれません

 

こういう成長を見て想像するのは

 

とても面白いなぁと感じるコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

年長さんがこんな戦術を考えました

練習最後の試合の中で

 

子供達は

 

どうしたら勝てるのかということを

 

一生懸命考えています

 

なかなかドリブルが苦手な子は

 

簡単に相手に取られてしまいますので

 

ある年長さんが

 

こんなことを叫んでいました(笑)

 

「パスしてポイント!パスしてポイント!」

 

何のことだ?(笑)

 

と思って見ていたら

 

どうやら

 

相手にボールをパスして

 

それを奪い取って

 

ゴールを決める

 

という意味のようです(笑)

 

実際に、サッカーの戦術でも

 

ストーミングという

 

ボールを取られるということを前提に攻めて

 

取られたらすぐに奪い返す

 

ということがあるのですが

 

それを一人でやっていました(笑)

 

面白い事考えるなぁと感心したコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com