ルスデランパラサッカースクールの日常

小学生の体操服あるある

小学生になった子で

 

 

体操服で練習に来る子もいて

 

 

見慣れない格好に

 

 

似合ってるねぇ

 

 

という話をしているのですが

 

 

よく見ると

 

 

体操服にペンで何やら書いてあります(笑)

 

 

「マッキーペンとかで書いちゃうの!」

 

 

とすっごい自慢してきました(笑)

 

 

小学1年生あるあるですが

 

 

体操服に何かしら書いてある

 

 

毎年、この話をすると

 

 

春だなぁ

 

 

という気持ちになります(笑)

 

 

自分もよく体操服に落書きして怒られたような・・・

 

 

という郷愁に駆られました

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

息切れしながら楽しんでいる子供達

レーニングの中に

 

 

ハンターというトレーニングが

 

 

あるのですが

 

 

子供達は、みんな

 

 

このトレーニングが大好きで

 

 

夢中でやってるのですが

 

 

自分で蹴ったボールを

 

 

自分で取りに行かなければならず

 

 

はやく、ボールを蹴りたいので

 

 

急いでボールを取りに行きます

 

 

最初は、みんな

 

 

わぁーわぁー

 

言いながら

 

楽しそうにやっているのですが

 

 

だんだん

 

ハァハァハァハァ

 

という息遣いに変わってきて

 

 

それでも必死にボールを追いかけているので

 

 

なんだかかわいいなぁと思うコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

子供達のおもしろい喧嘩

子供達の中で

 

 

ちょっとした喧嘩はというのは

 

 

日常茶飯事なのですが

 

 

この日は

 

 

おもしろいなぁと思う喧嘩が起きました

 

 

年長さんと4年生で

 

 

鬼が変わるときに

 

ビブスを渡すのですが

 

 

4年生が

 

 

年長さんに

 

 

ビブスを渡すときに

 

 

からかうつもりで

 

 

ビブスと高い位置に持ち

 

 

年長さんが届かないようにして

 

からかっていました

 

 

どうするんだろう

 

とコーチは見ていたら

 

 

年長さんが

 

 

4年生の子のお腹に

 

政見付き

 

 

 

 

 

ちょっとした喧嘩はというのは

 

 

 

 

 

日常茶飯事なのですが

 

 

 

 

 

この日は

 

 

 

 

 

おもしろいなぁと思う喧嘩が起きました

 

 

 

 

 

年長さんと4年生で

 

 

 

 

 

鬼が変わるときに

 

 

 

ビブスを渡すのですが

 

 

 

 

 

4年生が

 

 

 

 

 

年長さんに

 

 

 

 

 

ビブスを渡すときに

 

 

 

 

 

からかうつもりで

 

 

 

 

 

ビブスと高い位置に持ち

 

 

 

 

 

年長さんが届かないようにして

 

 

 

からかっていました

 

 

 

 

 

どうするんだろう

 

 

 

とコーチは見ていたら

 

 

 

 

 

年長さんが

 

 

 

 

 

4年生の子のお腹に

 

 

 

正拳突き(笑)

 

 

4年生は

 

 

「うっ」

 

 

となり、年長さんはビブスを手にしました(笑)

 

 

お兄ちゃんがいる子なので

 

 

そういった類のからかわれ方は

 

 

慣れっこなのかなぁと

 

 

面白いなぁとおもったコーチでした。

 

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

正しく早くできるように練習する子供達

練習の中で

 

 

ラダーを行った

 

レーニングがあるのですが

 

 

ラダーをやって

 

1対1を行うというトレーニングを

 

行っています

 

 

ラダーを早く終わらせれば

 

はやくボールを取りに行くことができるので

 

 

なるべくはやく

 

 

ラダーを終わらせたい子供達ですが

 

 

その中でも

 

出来ない種目は

 

 

ゆっくりと

 

正しくやる事を優先に

 

練習しているみたいです

 

 

ラダーは、てきとうにやって

 

はやくボールに触りたい

 

という気持ちもあると思いますが

 

 

出来ない事を出来るようにしたい

 

という気持ちが勝っているのかなぁと

 

感心しました

 

 

だんだん、はやく出来るようになるまで

 

 

努力している子供達が

 

すごいなぁといつも驚かされます

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

子供達とのこんな一体感を感じました

練習の後に

 

その日が練習最後の子供たちには


片付けまでお願いしているのですが


最初はなかなか


とんぼをうまくひけずに


コーチが解散した後に


ひきなおすということもあったのですが

 

最近では、みんなで協力して


綺麗にひくことが出来ています

 

練習最後の話で

 

とてもどんぼが綺麗です


という話をしたら


ひとりの子が


拍手をし始め


みんなが次々と拍手し始めました(笑)


こういった


小さな一体感というのは


楽しいなぁと感じるコーチでした

 

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

子供が小学校について教えてくれました

今年の四月から


小学1年生になった子なのですが


ある時

 

「小学校意外と大変なんだよ」


と苦笑いしながら話してきました

 

「5時間もあるんだよ!」


「そりゃ大変だねー!」


「算数とか国語とか!」


子供にとっては

 

初めて


評価される


という立場に身を置くことになるので

 

とても大変だとは思いますが


そういった愚痴の話のひとつも聴けるように

 

子供たちとの対話を大切にしていきたいと感じました

 

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com

 

年長さんの気の利いた片付け

練習が終わったあとに


子供たちには

 

片付けをお願いしているのですが

 

基本的には

 

高学年の子供たちが中心となって

 

片付けを進めています

 

ある時、年長さんの子が

 

普段は、みんなの片付けの様子を眺めているだけなのですが


「なにやればいい?」


と聞いてきました

 

「じゃあゴール片付けてもらおうかな」


とお願いしてみたのですが

 

ざっくりしたお願いすぎたかなぁと思いながら

 

年長さんの子を見ていたら

 

5年生の子が

 

「ゴールの袋どこー?」


とみんなに聞いた時に

 

「はいっ」

 

と言って


ゴールの袋を渡していました

 

おー、すごいなぁと


普段からなんとなく見ていたから


わかったのかなぁと


感心したコーチでした

 

www.luzdelamparasoccerschoolblog.com