ルスデランパラサッカースクールの日常

コーチの日常-書籍

イモニイことカリスマ数学教師から学んだことはこちら。

// 書籍「いま、ここで輝く」という カリスマ数学教師(イモニイ)を取り上げた本を読んでみました! イモニイが教育者としての覚悟や挫折を経て 学び続けていることが伝わってくる一冊です。 教育者こそトライ&エラーの職業はない。 完璧だと思っている教…

サッカーがいやでもうまくなるトレーニングメソッドはこちら。

村松尚登さんの書籍 「サッカー上達の科学」 を読んでみました! スペインの育成を日本でいかしていこうと 試行錯誤した末に考え出したサッカー上達の科学。 ドリルトレーニング反対派の村松さん、 サッカーは、相手がいて、味方がいて行われるので 単調な練…

ジュニア年代の考えるサッカートレーニングはこちら。

// 書籍「ジュニア年代の考えるサッカートレーニング」 を読んで学んだことは、 子供達の身体と心は常に一緒でなければなりません。 技術の練習ばかりをしてできるようなったことも 試合で発揮できなければ意味がありません。 心は、自分の精神面を表します…

元日本代表前園が語るプロでも間違うドリブルの基本はこちら

// 書籍「本格ドリブラー養成講座 ~プロでも間違う「ドリブル」の基本~」 を読んで学んだこと。 元日本代表前園選手の 経験してきた上で 大切だと感じたことが書かれています。 ドリブラーになるための トレーニング。 ドリブラーにとって大切なことは シ…

「育成強国」ドイツが提案するジュニアサッカー指導の手順と練習法を読んで学んだこと

「育成強国」ドイツが提案するジュニアサッカー指導の手順と練習法 ドイツで実際に2014年に発売されたものを訳されたものです。 ドイツサッカー協会が推奨する育成メソッドを一から学べます。 ドイツでは、サッカー人気がうなぎのぼりにあります。 しか…

「育成強国」ドイツが提案するジュニアサッカー指導の手順と練習法を読んで学んだこと

「育成強国」ドイツが提案するジュニアサッカー指導の手順と練習法 ドイツで実際に2014年に発売されたものを訳されたものです。 ドイツサッカー協会が推奨する育成メソッドを一から学べます。 ドイツでは、サッカー人気がうなぎのぼりにあります。 しか…

サッカーにおける子供たちの成長について、日本とスペインの違いとは?

書籍「サッカーの新しい守備の教科書」を読んで学んだことをご紹介します。 // 日本のサッカーはヨーロッパと比べて5年遅れていると言われています。 バルセロナやスペイン代表が 美しくポゼッションサッカーを世界にみせしめたとき 日本は、 今はポゼッショ…

スペインの現役指導者が明かすサッカーの戦術の定義とは?

書籍「サッカーの新しい教科書」は、 スペインで指導者として活躍されている坪井健太郎さんの著書です。 日本の育成に、何が足りないのか。何が強みなのか。 育成大国スペインと何が違うのか。 わかりやすく解説してくださいます。 日本の選手のテクニックレ…

この本は、誰でも才能ある選手になれることを教えてくれます。

書籍「才能の正体」は ビリギャルの著者、坪田信貴さんの本です。 タイトル通り、才能とはなんなのか。 どのようにすれば身につくのか。 について 自称「才能研究家」の坪田さんの視点や経験 様々な事例から分析しまとめています。 才能は誰でも身につけるこ…

子供教育に悩む指導者が読むべき本はこちらです。

「幸せになる勇気」は、 「嫌われる勇気」の続編になります。 「嫌われる勇気」が アドラー心理学の基礎を学べるとしたら 「幸せになる勇気」は、 アドラー心理学を実践の観点で どのように使えばいいのかを学んでいけます。 子供達と接するときの アドラー…

クリエイティブな子供になってもらうための大人が読む本こちらです。

書籍「伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法」 池上正さん執筆の本です。 大人は消えろ! ということです。笑 ジュニア年代の指導に大人はいないほうがいいようです。 とても衝撃的な言葉で始まりますが、 クリエイティブな子…

この本は、サッカー指導者のあり方について学べます。

ベストセラー「嫌われる勇気」 今話題のアドラー心理学ですが、 指導者には、必読本とも言えると思います。 アドラー心理学を理解していなければ、 指導者は子供達を ただの自分の道具のように扱いかねないからです。 自分の私利私欲のために子供達を操り、 …

自分で考えれないサッカー選手にしないための指導者必読本はこちらです。

風間八宏さんの 「1対21」のサッカー言論 「個人力」を引き出す発想と技術 を読みました。 個人戦術とは 個人の「技術」と「考える力」の集合体である と定義されています。 育成年代では、これをいかに伸ばしていくかが重要です。 風間さんは、 もし、パ…

風間八宏の考えや風間語の解説書はこちらの本です。

書籍「技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する」 風間八宏について、西部謙司が書いた本です。 風間さんのサッカーに技術はあるが戦術はない。 風間さんこそ、日本を代表する育成に欠かせない存在だと感じました。 プロ監督として結果を出さないとい…

サッカーの原理原則を学べる本はこちらです。

item.rakuten.co.jp 育成大国スペインを代表する戦術インストラクターミケル・エチャリの一冊です。 グラルディオラを筆頭に名だたる名監督が、 ミケル・エチャリのことを口を揃えて言うのは、 「学んだ知識を惜しみも無く教える」 ということでした。 ミケ…

この本は、ヨハン・クライフから直接サッカーを学べます。

書籍「ヨハン・クライフ サッカー論」 バルセロナやスペイン代表が見せるポゼッションプレーの基盤を作ったヨハン・クライフ。 ヨハン・クライフが直々にサッカーの講義を行ってくれます。 時代を超えて、まさにポゼッションサッカーに対しての情熱が事細か…

子供達がサッカーを好きになる方法はこちらです。

書籍「サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法」 池上正さんの本書を初めて読んだのは、僕が、サッカーコーチになってまだ間もないときでした。 サッカーコーチになって初めて読んだ本とも言えます。 右も左もわからない僕の指針となったのが池上正さん…

この本は、日本のサッカー指導の誤りを教えてくれます。

「スペイン流サッカーライセンス講座」を読んで学んだこと ○スペイン流指導との出会い 育成大国スペインでは、どのような育成が行われているのでしょうか。 育成大国と呼ばれる所以は、数々のスーパープレーヤーを生み出していることに注目されがちですが、…