ルスデランパラサッカースクールの日常

スクールの日常-練習風景-成長

正しく早くできるように練習する子供達

練習の中で ラダーを行った トレーニングがあるのですが ラダーをやって 1対1を行うというトレーニングを 行っています ラダーを早く終わらせれば はやくボールを取りに行くことができるので なるべくはやく ラダーを終わらせたい子供達ですが その中でも 出…

子供が小学校について教えてくれました

今年の四月から 小学1年生になった子なのですが ある時 「小学校意外と大変なんだよ」 と苦笑いしながら話してきました 「5時間もあるんだよ!」 「そりゃ大変だねー!」 「算数とか国語とか!」 子供にとっては 初めて 評価される という立場に身を置くこと…

負けていて座り込んでしまう子へのひとこと

練習最後の試合で 時々あることなのですが 試合を行うチームの レベルに差があると 0-3とかで 点数に差がついてしまうことがあります そんなときに 座り込んで 違う事に興味を持ってしまう事があるのですが 対戦相手の一人が 「負けてもいいからやれよ!…

「今日はいい勝負だった!」と嬉しそうな子供

サッカーを初めて なかなか、試合中も 落ち着いてボールが触れなく 簡単にとられてしまったり ということはよくあるのですが 子供達には ボールが触れない間は 相手からボールを奪うことが出来る ということを伝えているのですが 少しずつ ドリブルの練習も…

小学4年生という急激な変化

学年もあがり 特に、小学3年生だった子が 小学4年生になると 自分が他人をどう思うか。 とういことを意識することできるようになり 他人からの視線も認識することができるようになります。 子供達も4年生になると 急に、いつも大きな声で叫んでいた子が あま…

個人技スキルクラスの子供達

最近、個人技スキルクラス に通ってきてくれている子には ボールを蹴らない方の足の 大切さについて話して ケンケンの練習に励んでもらっているのですが 少しずつ スクールの中でも 相手に対して 切り返しだったり 軸足をしっかり踏み込んで 速いパスが出来…

小学1年生だったあの子達

月日が流れるのは早いもので 気づけば新学期になっているわけですが 小学4年生の子供達と 話していたのですが 「あれ?君たち前まで小学1年生だったよね!?」 「そうだよ!ここに来たのが小学1年生ぐらい!」 という話になって 小さいときのその子の姿を思…

自分の特徴を理解してプレーする子供達

最後の試合などを見ていると 自分の特徴をしっかりと理解して 技術を身に着けているなぁ と感心することがあります あまり足が速くない子なのですが 相手の重心をしっかりと見て 逆を突いてドリブルで抜いたり 器用に足の裏でボールを引いて 相手をかわした…

黙々と準備を始める子供達

練習最後の試合を行う前に 中級の子供達に 試合のコートとチームわけを伝えて 初級の子の試合のコートとチームわけを 行っていくのですが 中級の子は、比較的1回で理解して 自分の準備を始めていきます 初級の子供達のチーム分けには それなりに時間がかかる…

大きいコートの試合に低学年の子を混ぜてみました

練習最後の試合で 中級や上級の子は 時々、大きなコートにして 試合をすることがあるのですが いつも初級でやっている子を そちらの方に混ぜて 試合をやってもらいました だんだんと上達してきて 自信もついてきた頃なので どうかなぁと思ったのですが 輝い…

自分なりの課題を自分で見つけれる子

トレーニングの中には ジグザグドリブルじゃんけん というトレーニングがあるのですが カラーコーンをジグザグにドリブルしていき じゃんけんで勝ったら先に進める というルールなのですが ある子が 「ドリブルしながらじゃんけんできない」 と呟きました。 …

子供がボールを手で触った時の出来事

練習最後の試合の時に ボールが上から来た時の ある子供が手でボールを叩いてしまいました(笑) 「ハンド―!!」 相手ボールのフリーキックから始まったのですが あとでその子がコーチの元にやってきて 「コーチ、上から来たボールは、どうすればいいの?」…

「おれ、今日、中級?」と言いました

ある日、子供が 「おれ最近、うまくなったよね」 と練習が始まる前にいってきました どうやら友達とサッカーをして遊んでいた時に 「○○うまいなぁ」 と言われたようです(笑) 最初は、試合になかなか勝てなくて 悔しがっていた子ですが 最近は、負けなしで…

広いコートでの試合を行った子供達

最近、初級から 中級で一緒にやってもらってる子が 多いのですが 試合を行うコートも広く どんな感じでやれるのかなぁ とみているのですが コートが広くなったら それだけ、パススピードを上げて 試合を行っていたので その場、その場の状況に応じて やるこ…

「コーチ、ひとつ言いたいことがある」と言いました

練習会場に来て早々に 「コーチ、ひとつ言いたいことがある!」 とダッシュで駆け寄ってきました 「あのね、体育でサッカーしたんだけど ドリブルして止めるっていうやつで みんなのお手本になったんだよ うまいからって」 と、すごい嬉しそうに報告してくれ…

子供が自分の感情と折り合いをつけた瞬間がこちら

練習最後の試合で ある子が 試合中に転んでしまいました 相手チームの子が それに対して大爆笑してしまい 「笑うな!!」 と怒った後に泣いてしまいました 同じチームの子が 「コーチ、泣いちゃった」 と伝えに来たのですが コーチとしては その子の中にある…

こうして子供は話を聞くようになります

いろいろなトレーニングの中で 子供達は最初に トレーニングのルールを覚えます そんな中で ルールをしっかりきいて すぐにトレーニングに入って行ける子供もいれば 友達と話していて ルールがわからない子供もいます ルールを聞いていなければ 自分が困るの…

積極的にプレーするようになる子供達

トレーニングの中に 氷鬼というトレーニングがあるのですが 氷鬼では 鬼を順番で 子供達にやってもらうのですが どうしても 2回やらなければいけない子が 人数の関係ででてきます 「もう一回やってくれる子?」 と聞いて お願いすることがあるのですが 「は…

つんでれな子のやさしさ

練習が終わると 子供達は 自分のボールがちゃんとあるかどうか ということを確認するのですが 自分のボールを探した後に 他の子のボールも一緒に探している子がいます 「コーチ、これ誰のか分からん」 といいながらいつも持ってきてくれます(笑) 照れ屋な…

練習中にお母さんを見つけた子供

年長さんは特に まだまだお母さんがいるかどうかというのは 不安みたいで おかあさんが近くにいると 「あれ!おかあさんだよ!!」 と教えてくれます(笑) 「いいとこ見せないと(笑)」 という話をしているのですが コーチとしては この子には安心感を感じ…

試合で勝つために子供達が考えたこと

練習最後の試合の事なのですが 子供達は、試合で勝つために どうすればいいか 必死で考えています 試合に勝っていたようで 「もうボール出そう!!」 と言って 外に出すという作戦に出ました 相手チームは、とても困ったようで 「コーチ、相手が勝ってるから…

子供によって異なる成長の仕方

子供がサッカーを始める時の特徴として もともとそれなりにできる状態で入ってくる子と 運動が苦手でなかなかボールに触れないという子がいます 個人的には 前者の子は、上の学年の子に混ぜて 試合をやってもらって 勝ち負けの経験を多くやってもらうことが…

コーチが笛を使わない理由

子供達のトレーニングでは 耳に頼るのではなく 視覚に頼るように トレーニングを組むのですが 例えば 練習をスタートするときに 笛を使ったり 「スタート」 と言うのではなく コーチがボールを投げたらスタート とか 相手がドリブルを始めたらスタート など…

ラダーの得意種目ができたそうです

トレーニングの中で 時々子供達には ラダーを行ってもらっているのですが ラダーの種類で 簡単なものもあれば 難しいものもあり 毎回、コーチがメニューを発表して やってもらっています ラダーのメニューの中で 難しいメニューが出来るようになって 嬉しか…

上級の子と試合を行っていた時の出来事

上級の子供達と 最後に試合を行う時に コーチも一緒になってやることがあるのですが 3対3で試合を行っている時に コーチ側の子どもが一人 靴の紐を結ぶために抜けていました 相手の子が 「3対2だぞ!!!」 と叫んで、味方に伝えます コーチも一人分として数…

ドリブルが苦手な子が考えた方法

年長さんで まだ入会して間もない子なのですが まだサッカーを始めたばかりで なかなかドリブルなどの技術が身についていない時です それでも試合で活躍したい ボールを触りたいという事で 一生懸命やっています ドリブルがとられてしまうと思い 「パス!」 …

中級が気になる子供達

このシーズンになってくると 初級の子達も 中級が気になる子が多く 「中級って何時から?」 という話を耳にします 子供達同士でも 「4月から中級に行くよ」 「おれどうしようかなぁ」 という声が聞こえてきます 子供達には とりあえずやってみて 選べばいい…

色々なドリブルにチャレンジする子供達

上級の子どもたちは 2対1のトレーニングを行ったのですが 自分のやってみたいドリブルを試しにやっていました 中には、練習生の子もいたので 練習生でトレーニングしている ボールタッチを試していたので 少しずつ実践に使えれそうだなと とても楽しみに思い…

子どもによって違うドリブルを磨いてきた結果

子供達の練習を見ていると 日々、自分なりに どうやったら相手を ドリブルで抜くことができるかなぁ ということを考えていて 子供一人ひとりに 個性あるドリブルへと 成長していくのは コーチとしても とても見ていて楽しいです。 スクールに通って3年目の子…

こんなポジティブな声かけがきこえました

上級のトレーニングを行っている時に 最後の試合を 子供達同士で じゃんけんして チームを決めてもらったのですが 人数が1人少ない状態で 始めることになりました 「これで勝ったら俺たちすごいじゃん!! がんばろう!!!」 とすごいポジティブな声をかけ…