ルスデランパラサッカースクールの日常

子供たちの作戦がかわいすぎる件

どうすれば試合に勝つことができるのか

 

どうすればゴールすることができるのか。

 

 

子供たちはいつも考えています。

 

 

どうすればこの人をドリブルで抜くことができるのか。

 

ドリブルで抜くことばかりを考えてしまうと

 

最終的な目的であるゴールを忘れがちです。

 

 

4ゴールゲームという

 

攻めるゴールが2つ、守るゴールが2つの試合をします。

 

 

どうすればゴールできるかを考えるときに

 

子供たちは面白い考えをします。

 

 

自分たちのチームで作戦を考えて

 

右側のゴールを「A」

 

左側のゴールを「B」

 

と名前を付け

 

 

「Aに攻めるぞ!!」

 

と子ども同士で声を掛け合います。

 

 

相手もゴールを決められるわけにはいかないので

 

「あっちのゴールがAだぞ!!

 

あっちにくるぞ~~!!」

 

と声を掛け合います。

 

ゴールがばれたらいけないので

 

「W」や「1」など

 

いろいろな数字がでてきて

 

聞いているコーチもまったく意味がわからなくなってきました(笑)

 

 

一生懸命な子供たちを見るのはとても楽しいです。

https://www.instagram.com/p/CCMg8ICh4kJ/

2020.6.23(火)初級