ルスデランパラサッカースクールの日常

「やばいやばいやばいやばい」と言う子ども

年長さんと一緒に練習をしているときの事です。

 

しっぽ取ゲームを一緒にやっていたのですが

 

「コートから出て、5秒過ぎたらだめだからね!」

 

という説明をしました。

 

コートから子供が出たら

 

コーチが

 

「5・4・3・・・セーフ」

 

ということを繰り返すのですが

 

年長さんの子は

 

毎回自分がカウントされていると思って

 

「やばいやばいやばいやばい」

 

と慌てて、嬉しそうにしながらコートに戻ってきます。

 

ですが、他の子が出たときに

 

「5・4・3・2・・・セーフ」

 

という時も

 

「やばいやばいやばいやばい」

 

と言って、その場であたふたしています(笑)

 

これは自己中心性という幼児に見られる性質なのか

 

常に自分中心にしか物事が考えられないため

 

自分が言われているのだと思ってしまうと

 

コーチは思ったのですが

 

あるとき、ずっと

 

「やばいやばいやばいやばい」

 

と言っていたのが

 

「え~~!なんで~~?」

 

に変わりました。

 

その子自身も

 

自分がコートから出ていないのに

 

なんでカウントされるんだろう

 

と思ったのかもしれません。

 

その日のしっぽ取ゲームでは

 

ずっと

 

「なんで~?なんで~?」

 

と笑いながらあたふたしていましたが(笑)

 

自分以外の人の事も理解できる時が来るのが

 

とても楽しみなコーチでした。